第36回日本皮膚外科学会総会・学術集会/第39回日本臨床皮膚外科学会総会・学術大会/The 6th Asian Congress of Dermatologic Surgery

ご挨拶

この度、第36回日本皮膚外科学会総会・学術集会、第39回日本臨床皮膚外科学会総会・学術大会、ならびにThe 6th Asian Congress of Dermatologic Surgery (ACDS2021)を鹿児島で合同開催させて頂くことになりました。日本皮膚外科学会学術集会と日本臨床皮膚外科学会学術大会の合同開催としては大原國章先生が主宰されて以来2回目、さらに2年に1回東アジア4カ国(日本、中国、韓国、台湾)で開催しているEast Asian Dermatologic Surgery Conference改め、ACDSとの合同開催としては初めてとなります。皮膚外科に関するアジアで最も大きな規模の学術大会を開催する機会をいただき大変光栄に存じます。開催にあたりまして、埼玉医科大学国際医療センター皮膚腫瘍科・皮膚科の中村泰大先生、東海大学医学部外科学系形成外科学の河野太郎先生に副会長としてお支えいただきまして、診療科・専門領域横断的にまさしくオールジャパンで臨む所存でございます。開催に向けまして今日まで、鹿児島で皆様をお迎えすべく鋭意準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症の流行を取り巻く昨今の状況を鑑み、開催形式をハイブリッド開催(現地とバーチャルの複合)とさせていただきます。第1会場は、ACDS2021の会場として全て英語、第2会場は、国内2学会の学術集会として日本語(英語も可)で開催します。

本会のテーマは「匠の継承 創造する未来 Inherit TAKUMI, Create the Future」としました。皮膚疾患の診断学に基づいた手術治療学である皮膚外科学の日本からアジアでの発展は、日本国内における志を同じくした医師達の弛まぬ修練とともに、形態解剖学を礎とする形成外科学との融合によってなされてきました。そこで培われてきた匠の英知と技を継承し、新たなステージへと進化させて、国際的に活躍する次世代を担う医療者を連綿と育成することこそが私たちの使命であります。本会が、匠を享受して未来を創造する若い医療者の可能性が広がる場となれば幸いです。ACDS2021ではSymposiumとSpecial lecture、Panel discussion、そして公募制のInternational plenary sessionを企画しました。SymposiumではLarge to Giant Congenital Melanocytic Nevi、皮膚がん(melanoma, BCC, EMPD)、美容治療のトラブルシューティング(しわ・たるみ治療、レーザー治療)をテーマとしてアジアのご高名な諸先生のご講演を賜ります。Special lectureでは唐津赤十字病院・明石道昭先生にメディカルイラストレーションのご講演、私の旧友である中国中南大学皮膚科教授のChen Xiang先生にアジアでのメディカルコラボレーションについてのご講演、さらには皮膚外科・皮膚がん領域でのアジアでのガイドラインやエビデンス創出を目指したPanel discussionを企画しています。International plenary sessionでは、応募のあった17演題から選りすぐられた8演題の素晴らしいご発表を予定しています。若手参加者にとって魅力的となるようなハンズオンセミナーの「メディカルイラストレーションセミナー」、メディカルルーペを装着して行う皮膚外科手技のウエットラボ「さつま皮膚外科塾」も同時開催します。皮膚外科学に普遍的に求められる「見えている‘つもり’を的確に見て表現する」きっかけとしていただければと存じます。

日本の南の玄関口に位置する鹿児島県は古くからアジアの国々との交易が盛んで、幕末には鹿児島の藩主が中心となり積極的に西洋文化を取り入れてきました。明治時代には英国人医師のウィリアム・ウィリスが薩摩藩に招聘されイギリス式医学教育を行い、脚気の発見で有名な東京慈恵会医科大学の学祖である高木兼寛など近代医療に貢献した多くの日本人医師を輩出しています。このようにアジアとの交流拠点となり医学教育にゆかりのあるここ鹿児島に、国内外の皮膚外科を志す医療者が集い可能性の広がる場となれば幸いです。鹿児島は、世界有数の活火山・桜島と波静かな錦江湾をシンボルとした雄大な自然に恵まれた街です。学術集会はもちろん、源泉掛け流しの温泉、豊かな旬の海の幸や肥沃な大地が育む黒豚や黒牛、2,000を超える本格焼酎をぜひお楽しみください。残念ながら鹿児島にお越しになれない皆様にとりましても、鹿児島をバーチャルで堪能いただけるよう鹿児島観光に関するリンクをHP上に掲載していきますので存分にお楽しみください。薩摩隼人と薩摩おごじょが鹿児島、そしてバーチャルで皆様のお越しを心よりお待ちしております。『ゆくさおじゃったもんせ、かごんまへ!(ようこそいらっしゃいませ、鹿児島へ!)』

2021年3月吉日

  • 第36回日本皮膚外科学会総会・学術集会
  • 第39回日本臨床皮膚外科学会総会・学術大会
  • The 6th Asian Congress of Dermatologic Surgery
  • 会長 松下 茂人
  • (独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科)